FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

養真書道研究会 成堂賞/理事長賞/副理事長賞 受賞者一覧

≪養真書道研究会≫
養真書道研究会では、忘年会において その年の各展覧会で優秀な成績を修めた者、また意欲的な創作活動や
永年本会に多大なる貢献をされ、その功績が顕著であった者に「成堂賞・理事長賞・副理事長賞」を贈っています。
        
          理事長賞                     (敬称略)
         (吉田成堂)
平成 4年   小畠 秋聲
平成 5年   秋永 春霞
平成 6年   小森 淳子
平成 7年   藤本 祥鴻
平成 8年   坂元 紫香
平成 9年   山本 飛雲
平成10年   井之上南岳
平成11年   大竹 美喜
平成12年   坂元 紫香     松田 貞子
平成13年   廣瀬 蘇水
平成14年   清原 大龍
平成15年   足立 和子     川上 和子
平成16年   小畠 秋聲     渡邉 大嶽 
平成17年   井之上南岳     吉田 成美

新  設    会長賞      理事長賞
        (吉田成堂)    (井之上南岳)
平成18年   大坪 桂子     兵頭 白慧
平成19年   渡邉 大嶽     下山 香琴
         石橋 芝水
平成20年   吉田 成美     山本 英雲
平成21年   兵頭 白慧     中村 凌星   
         鈴木 鶴聲

新  設    成堂賞      理事長賞     副理事長賞
         (吉田成堂)    (井之上南岳)     (吉田成美)
平成22年   井之上南岳     藤井 美相      釘丸 華丘
平成23年   清原 大龍     吉田 成美      入江 陽子
平成24年   田中 恵風     岡 由香里      幸  彩華  
スポンサーサイト

「TOKYO 書 2013 公募団体の今」

「TOKYO 書2013 公募団体の今」

◇趣旨:東京都美術館は、大正15年に上野公園に開館して以来、公募団体とともに歩み続けてまいりました。こ
     のたび大規模改修を機に、公募展発祥の地としての歴史の継承と発展を図り、また「芸術活動を活性化
     させ鑑賞の体験を深める美術館」という役割を果たすことを目的に新しい事業をスタートいたします。
      公募団体と手を携え、書の振興を図るべく、全国の公募団体の中から選抜した主要な団体による合同
     展覧会を開催します。主要団体の「今年の一押し作家」を横断的に展開できる「公募展の中の公募展」
     位置づけて展開してまいります。
      本展覧会がより広い鑑賞者に対し、公募団体の活動を紹介する場となるとともに、団体が相互に刺激
     し合い、公募展の奥行きを深め、ひいては公募展全体の活性化に寄与することを目指します。
◇内容:全国の主要団体の中から書道団体18団体を選定し、その団体が推薦する若手から中堅作家までを含む
      36名を一堂に紹介し、普段の公募展とは異なった各作家の魅力を引き出す展示を行います。
     創玄書道会では、 加藤 裕、鈴木 不倒、吉田 成美、金子 大蔵の四氏が推薦されて出品します。
     一人、縦4メートル×横10メートルの壁面使用の大作書展です。     

◇会期:平成25年1月4日(金)~16日(水)09:30~17:30 <7日(月)は休館>
◇会場:東京都美術館(公募展示室ロビー階 第1・2展示室)
◆入場無料

◇主催 公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館
◇後援 毎日新聞社  読売新聞社  産経新聞社 

続きを読む

現代の書 新春展  今いきづく墨の華 2013

CIMG1403.jpg
◆和光ホール31人展
 会期:2013年1月5日(土)~13日(日)10:30~19:00(最終日17:00まで)
 会場:銀座 和光本館6階
 ・ギャラリートーク、サイン会(6日、10日、12日、13日 午後3時開催)
◆セントラル会場100人展
 会期:2013年1月5日(土)~13日(日)10:00~18:00(5日は13:00から、最終日17:00まで)
 会場:東京セントラル美術館
 ・席上揮毫会(6日、7日、11日、12日 午後1時開催)
◇入場無料

各書道団体の選びぬかれた作家131人が一堂に会した書道展で、漢字・かな・篆刻・詩文書・
大字書・前衛書・刻字、書の七部門をモーラした現代性豊かな展覧会です。
今年は、養真書道研究会から副理事長、吉田成美先生が出品されています。

米寿記念「古谷蒼韻展」福岡展

CIMG1426.jpg
◇会期:2013年1月2日(水)~7日(月)午前10:00~20:00(最終日、17:00まで)
◇会場:大丸福岡天神店本館8階特設会場
◆入場料:一般600円/大学・高校生400円/中学生以下無料

文化功労者で日本芸術院会員の古谷蒼韻先生が、全国4会場(京都・東京・名古屋・福岡)
で米寿記念展を催され、まもなく福岡で最終展が開催されます。

普遍の原理を求めて、書の道を歩む強靭な精神と格調高い書風は、現代書壇の規範ともいう
べき存在です。この古谷芸術の軌跡が、初期から最新作まで紹介されています。
日本書壇最高峰の芸術とその生き様をご堪能頂ければ幸いです。

第38回 西日本書美術展

本展は西日本を代表する書作家の作品および新人の作品を一堂に展観するものです。
西日本書美術協会会員の日頃の研鑽の成果を発表するとともに、地方文化の発展と
書道人口の拡大に寄与することを目的として開催いたします。

◇会期:平成24年12月18日(火)~24日(月・祝) 開館9:30~17:30(入館は17:00まで)
◇会場:福岡市美術館
◆入場:無料

≪養真書道研究会成績一覧≫ (敬称略)
□代表作家
 <◎大賞選考委員○当番審査員>
 ◎井之上南岳  ○吉田 成美    清原 大龍    小畠 秋聲    坂元 紫香
   大島 溪月    石橋 芝水    阪井 浩子    伊良子喜代    幸   彩華
   川上 和子    樋口 凌雲    兵頭 白慧    足立 和子     徳永 仁美
□委嘱作家
 ◆大 賞
   大竹 美喜(昇)
 ◆準大賞
   下山 香琴
□推薦作家
 ◆西日本新聞社賞
   山中 鴦舟
 ◆奨励賞
   太田 政月(昇)  中村 美翠(昇)   番   隆子     藤   秀月
□選抜作家
 【か な 部】
 ◆秀  作
  原田 久子
 【調和体部】
 ◆市長賞
    陣内 仁美(昇)  串﨑   友
 ◆優秀賞
    毛利奈津子     竹本   航
 ◆秀  作
    山下 絢子     宇野 桃子     岩井 紫翠     安仲 夕蝉
 ◆佳  作
    牟田 悦子     堤   璃江     渡辺 陽子     鹿毛 純光
    渡辺 和盈     池末 道子
□新人作家
 ◆選抜作家推薦賞
  寺崎 千寿(昇)  坂田 晴巳(昇)   末廣真知子(昇)   楳澤 美奈(昇)
  下田 碧秀(昇)

●総会・授賞式
    日時:平成24年12月24日(月・祝)  午前 10:00~
    場所:福岡国際ホール(福岡市中央区天神)

●レセプション 授賞式終了後、同会場

●表彰式・総会・レセプション養真書道研究会出席者
 井之上南岳・吉田 成美・坂元 紫香・兵頭 白慧・下山 香琴・大竹 美喜・太田 政月・番   隆子
 藤   秀月・陣内 仁美・毛利奈津子・安仲 夕蝉・牟田 悦子・竹本   航・亀井 桂茜・鹿毛  純光
 岩井 紫翠・渡辺 和盈・寺﨑  千寿・下田 碧秀・山中 鴦舟・串崎  友         以上22名

第38回 創玄現代書展

第38回創玄現代書展
会場 東京セントラル美術館
会期 平成24年10月30日(火)-11月4日(日)

主催 公益社団法人 創玄書道会
後援 毎日新聞社

養真書道研究会成績一覧     (敬称略)
【推薦作家】
■監 事
吉田 成美
■一科審査会員
渡邉 大嶽
■二科審査会員
岡 由香里

【選抜作家】
石橋 芝水  榎園 美鴻  松本 恵華
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。